2013年01月26日

フィルムアート/デイヴィッド・ボードウェル&クリスティン・トンプソン(意訳 ―― 1)




フィルム・アート -映画芸術入門- [大型本]
デヴィッド ボードウェル (著), クリスティン トンプソン (著), 藤木 秀朗 (翻訳), 笹川 慶子 (翻訳), 飯岡 詩朗 (翻訳), 板倉 史明 (翻訳), 北野 圭介 (翻訳), 北村 洋 (翻訳)

――――――――――――――――
本書は、評価はおおむね最小限に抑えている。
文中に取り上げる作品は、この本が想定する平均的な水準(クオリティ)を上回るが、目的は評価付けではなく、映画作品の芸術的なシステムを理解する手がかりを書き起す点にある。
本書を読み通すことで、自律的に映画を楽しむための学識的な基盤を習得してもらいたい。 ―― 57

------------------------------------
1 映画制作、配給、興行
------------------------------------
映画のメカニズム
映画を作る
------------------------------------

―― ニューヨーク州北部の映画館経営者
食べ物を売ることがわたしの仕事です。映画館でたまたま働いているだけです。 9



------------------------
2 映画形式の意味
------------------------
 映画形式という概念
 映画形式の原則
------------------------

“映画形式”のまとめ
------------------------
「原因/結果、ストーリー/プロットの区別、動機づけ、平行性、オープニングからエンディングへの進行、語りの範囲と深さ」は映画分析に有効なカテゴリー(見立て、見通し)だが、すべての分析にこれらを当てはめる必要はない。
批評家は、実際に分析を行うことをとおして、こういった分析道具によりよく慣れ親しむようになり、自らのアプローチを分析対象の特定の作品に合わせて、柔軟に使いこなすのが望ましい。
------------------------

「システム、機能、要素、ヴァリエーション」
―― システムとしての形式 46
どんな映画作品もシークエンスをより大きな全体へと結びつけるように観客を導く。しかし、このプロセスはどのように働くだろうか。無機質な物体、紙の上の詩、公園の彫刻が、どのようにしてわたしたちをそんな知覚活動へと導くのか。
( 中略 )
わたしたちの知覚活動は、芸術作品自体のなかにはない。詩は、紙の上の言葉に過ぎない。歌は単なる音波の揺れだ。映画は、単に、スクリーン上の光と闇のパターンにすぎない。物体は何もしない。
芸術作品とそれを経験する人は、むしろ、相互に依存し合っているのだ。

芸術作品が受け手の知覚活動に与える手がかり ――
こうした手がかりはけっしてランダムなものではなく組織されている。
ここでは、相互に依存し合い、影響し合う複数の構成要素のまとまりを“システム”と呼ぼう。

※映画作品は諸要素がランダムに配置されてはおらず、形式を備えている。
 映画の形式とは、広義には、作品全体の構成要素間に認められる諸関係の総合的なシステムを意味する。

―― 機能 57
映画の形式が諸要素の多様なシステムの相互関係からなる全体的なまとまりであるなら、この全体における各要素はすべて一つ以上の機能をもっていると考えられる。すなわち、すべての要素はシステム全体の内部で、一つ以上の役割を果たしている。

―― 要素について 58
要素の機能を把握するのに有効な一つの方法は、その要素の存在にとってほかのどんな要素が必要であるかを問うことだ。
( 中略 )
形式上の機能について問う際に問題なのは「この要素はどのようにそこに盛り込まれたか」ではなく、むしろ「この要素はそこでどのような働きをしているか」や「それはどのように見る人が反応する手がかりを与えているか」ということあ。
ある要素の機能に気づく一つの方法は、その要素の「動機付け」を考えること。

―― 分析するなら「類似と差異」を突き止めろ! 60
反復とヴァリエーションは表裏一体である。一方に気づけば他方にも気づく。映画作品を分析する際には、類似と差異を探るべきだ。両者を行き来することで、モチーフを指摘し、そこで起きているさまざまな変化を対比し、反復としての平行性を認識し、さらには決定的なヴァリエーションを突き止めることが出来る。

「物語とは何か」 66

●物語とプロット
―― 物語に欠かせない「因果性、空間、時間」
物語は、“時間と空間”のなかで生起する“因果関係をもつ出来事”の“連鎖”である。
原因と結果のパターンに応じて、さまざまな変化が生じ、新たな状況が終わりを告げる。
いわゆる「物語内」の出来事がまとめられた文脈。
(ここでいう物語は、一般的には「ストーリー」とされる概念)

―― プロット
プロットは観客の前に映し出される映画作品中で、視覚的・聴覚的に示されるものすべてを言い表す用語。
ここには物語内の出来事が含まれ、さらにはそこにない要素(音楽や監督・スタッフの情報など「非物語的/物語外」要素)までもが包括される。


------------------------
●『市民ケーン』のプロットのセグメンテーション 90
------------------------
C.クレジット・タイトル
1.ザナドゥ:ケーンが死ぬ
2.映写室:
 a.「行進するニュース」
 b.記者たちが「薔薇のつぼみ」について議論する

3.エル・ランチョのナイトクラブ:トンプソンがスーザンに取材を試みる
4.サッチャーの図書館
(第1フラッシュバック)
 a.トンプソンが入室し、サッチャーの日誌を読む
 b.ケーンの母親がサッチャーに連れられていく息子を送り出す
 c.ケーンが成長し『インクワイアラー』紙を買収
 d.ケーンは『インクワイアラー』紙で大企業への攻撃を開始
 e.大恐慌:ケーンはサッチャーに自分の新聞社系列会社を売却
 f.トンプソンが図書館を退室

5.バーンスタインのオフィス
(第2フラッシュバック)
 a.トンプソンがバーンスタインを訪問
 b.ケーンが『インクワイアラー』紙を買い戻す
 c.モンタージュ:『インクワイアラー』紙の成長
 d.パーティー:『インクワイアラー』紙が『クロニクル』紙のスタッフの獲得を祝う
 e.リーランドとバーンスタインがケーンの外国旅行について話す
 f.ケーンが婚約者エミリィと帰国
 g.バーンスタインが思い出話を終える

6.老人ホーム
(第3フラッシュバック)
 a.トンプソンがリーランドと話す
 b.朝食のテーブルのモンタージュ:ケーンの結婚生活が悪化
 c.リーランドが回想を続ける

(第3フラッシュバック つづき)
 d.ケーンがスーザンと出会い彼女の部屋に入る
 e.ケーンの選挙運動がスピーチで最高潮に達する
 f.ケーンがゲティーズ、エミリー、スーザンと対面
 g.ケーンが選挙で負け、リーランドは異動を願い出る
 h.ケーンがスーザンと結婚
 i.スーザンのオペラ初演
 j.リーランドが酔い潰れたので、ケーンがリーランドの劇評を仕上げる
 k.リーランドが思い出話を終える

7.エル・ランチョのナイトクラブ
(第4フラッシュバック)
 a.トンプソンがスーザンと話す
 b.スーザンが歌のリハーサルをする
 c.スーザンのオペラの初演
 d.ケーンが、スーザンに歌を続けるよう説得
 e.モンタージュ:スーザンのオペラ歌手としての経歴
 f.スーザンが自殺をはかり、ケーンはスーザンに引退してよいと約束
 g.ザナドゥ:退屈するスーザン
 h.モンタージュ:スーザンがジグソーパズルで遊ぶ
 i.ザナドゥ:ケーンがピクニックに誘う
 j.ピクニック:ケーンが、スーザンを平手打ちにする
 k.ザナドゥ:スーザンがケーンのもとを離れる
 l.スーザンが思い出話しを終える

8.ザナドゥ
(第5フラッシュバック)
 a.トンプソンがレイモンドと話す
 b.ケーンがスーザンの部屋を壊し、文鎮を拾い上げながら「薔薇のつぼみ」とつぶやく
 c.レイモンドが思い出話しを終える:トンプソンが他の記者たちと話す:みんなが去る
 d.ケーンの所持品が捜査され、薔薇のつぼみの秘密が明かされる:門の外観、城の外観:完結

E.終わりのクレジット


―― 古典的ハリウッド映画 86
古典的ハリウッド映画の物語の前提には、主として「因果的な作用因としての個々の登場人物からアクションが生じる」という考えがある。自然や社会問題が作用しているケースもあるが、ほとんどが「個人の心理的原因 ―― 決心、選択、人物的特徴」を中心に展開する。
その中でも最も重んじられるのが「欲望」である。

―― 個人=主人公のいない映画 87
『戦艦ポチョムキン』『十月』『ストライキ』など1920年代のソヴィエト映画では、主人公として機能する個人が一人もいない。
またリヴェット『狂気の愛』やアルトマン『ナッシュヴィル』では主人公を取り除く試みが行われているし、小津安二郎の映画では、出来事の多くが登場人物ではなく、より大きな力によって引き起こされる。
(エイゼンシュテインなら社会的な原動力、小津ならば森羅万象)


------------------------
2 “映画形式”のまとめ 100
------------------------
―― 形式上の構造を理解するために
物語映画を見る場合、次のような問いが形式上の構造を理解する助けになる。

1.ストーリーとプロット
どのストーリー上の出来事がプロット上で直接的に提示されているか。また、観客はどの出来事を想定したり推測したりしなければならないか。プロットには、非物語世界的なものがあるかどうか。

2.冒頭とその後のシーンの因果関係
観客が知る最初のストーリー上の出来事は何か。それは因果関係の連鎖をとおして、どのように後の出来事と関係しているか。

3.時間 〜並び、シーン同士の関係、恣意性と編集性
ストーリー上の出来事の時間的な関係はどうなっているか。時間的な順序、頻度、時間経過はプロット上でどのように操作され、出来事に関する観客の理解にどのように影響しているか。

4.オチ/サゲの様式
エンディングははっきりとした展開パターンを反映し、それをオープニングと関係づけているか。物語の進行はすべて完結しているか、それとも、未解決のままのところがあるか。

5.語り
語りはストーリー情報をどのように観客に提示しているか。一人か数人の登場人物の知識に制限されているか、それとも、さまざまな空間の登場人物たちの間に自由に広がっているか。語りは、登場人物の心理状態を探り、それによってストーリー情報にある程度の深さを与えているか。

6.古典との相違
その映画作品は、古典的ハリウッドの慣例にどれほど忠実にしたがっているか。もしその慣例から逸脱しているなら、どのような形式上の原則を代わりに用いているか。

7.ジャンル
ヒューマン、ホラー、サスペンス、SF……作品のタイプを見極める。


------------------------------------

A guide to film art - film art - [Large-sized book]
David A bow dwelling (work) and Christine Thompson (work) and Fujiki Hideo (translation) and Sasagawa Keiko (translation) and Iioka Shiro (translation) and Itakura Fumiaki (translation) and Kitano Keisuke (translation) and Kitamura 洋 (translation)
????????????????
Evaluation is minimizing this book in general.
Although the work taken up in a sentence exceeds the average level (quality) which this book assumes, the purpose is that it begins writing the key which understands not evaluation attachment but the system of a movie of art.
By reading through this book, the learning base for enjoying a movie autonomously should be mastered.
??
57
------------------------------------
1 Moviemaking, Distribution, Performance
------------------------------------
The mechanism of a movie
A movie is made.
------------------------------------
It is my work to sell the movie theater managerial food of northern ?? New York State.
It is only working by chance in the movie theater.
9

------------------------
2 Meaning of Movie Form
------------------------
The concept of movie form
The principle of movie form
------------------------
The conclusion of "movie form"
------------------------
"it is the range and the depth of the advance to ending from distinction of a story/plot, motivation, parallelism, and opening, and narration as a result of" the cause /-- a category (selecting prospect) effective in movie analysis -- it is necessary to apply these to no analysis but
As for a critic, it is desirable to push [ actually analyzing and ], to get used well with such analysis tools, to come to be familiar, and to master one's approach flexibly according to the specific work for analysis.
------------------------
Form as a "system, function, element, and variation" ?? system 46
A spectator is led so that any movies may tie up a sequence to the bigger whole.
However, how is this process committed?
How do the poetry on a minerals object and paper and the sculpture of a park lead us to such a perceptual action?
(Omission)
There is no perceptual action of ours in the work of art itself.
Poetry is only the language on paper.
A song is the shake of a mere sound wave.
Movies are the light on a screen, and only an illegal pattern.
No objects are carried out.
A work of art and those that experience it depend for each other mutually rather.
The key which a work of art gives to a recipient's perceptual action.
Such a key is by no means random, and is organized.
Here, it depends for each other mutually and I will call a "system" a settlement of two or more components which influence each other.
* Elements have not been arranged at random but the movie is equipped with form.
The form of a movie means the synthetic system of relations accepted between the components of the whole work in a broad sense.

?? function 57
If the form of a movie is the overall settlement which consists of correlation of a system with various elements, it will be thought that the whole of each element in this whole has one or more functions.
That is, all the elements have played one or more roles inside the system whole.
About ?? element 58
One method effective in grasping the function of an element is asking what kind of other elements being required for existence of the element.
(Omission)
all that matters when asking about a pro forma function -- "how this element to have not been incorporated there" but ことあ rather "what kind of work this element is carrying out there" or whether "whether it to have given the key to which those who see how react."
One method of noticing the function of a certain element should consider "motivating" of the element.
Trace "resemblance and a difference", if ?? analysis of is done!
60 repetition and a variation are two sides of the same coin.
You will also notice another side, if you notice one side.
You should explore resemblance and a difference, when analyzing a movie.
To going both back and forth, a motif can be pointed out, various change which has occurred there can be contrasted, the parallelism as repetition can be recognized, and a still more decisive variation can be traced.

[ "what it is with a tale" ]? 66- tale and plot
A "causality, space, and time" tale is "a chain" of "the occurrence with causal relationship" which occurs in "time and space". [ to be indispensable to ?? tale ]
According to the pattern of a cause and an effect, various change arises and a new situation ends.
The context in which the so-called occurrence "in a tale" was summarized.
(Concept by which a tale here is generally made a "story")
?? plot
A plot is a term which describes all the things shown visually and auditorily in the movie projected before a spectator.
Even the element (non-tale elements "outside a tale", such as music and information of a supervisor and the staff) which the occurrence in a tale is included here, and also is not there is included.
------------------------
- Segmentation of a plot of "citizen Kane" 90
------------------------
C. Credit title 1. Xanadu : 2. projection booth where Kane dies:
a. "news which marches"
b. Journalists argue about "a rose bud."
Nightclub of El Rancho : 3. Library (1st Flashback) a. Thompson of 4. Thatcher to whom Thompson Tries Coverage to Susan Enters Room, Thatcher's diary The mother of b. Kane who reads the son by whom it is accompanied to Thatcher c. Kane who sends out grows, buying-over d. Kane is "inquirer" paper about "inquirer" paper, and, as for start e. Great Depression:Kane, sale f. Thompson leaves [ the attack to a major company ] a library for his newspaper publishing company subsidiary company to Thatcher.

5. Bernstein's Office
(The 2nd flashback)
a. Thompson visits Bernstein.
b. Kane repurchases "inquirer" paper.
c. Growth of montage:"inquirer" paper
d. f. Kane to whom e. Leyland in whom party:"inquirer" paper celebrates acquisition of the staff of a "chronicle", and Bernstein talk about Kane's traveling abroad goes back with fiance Emily.
g. Bernstein finishes a reminiscence.
6. Home for the Aged
The montage of the table of b. breakfast which a. Thompson says as Leyland: (The 3rd flashback) In Kane's married life, aggravation c. Leyland continues recollection.
(3rd flashback continuation)
d. Kane meets Susan and goes into her room.
e. Kane's election campaign reaches the climax by a speech.
f. Kane meets ゲティーズ, Emily, and Susan.
g. Kane loses at an election and Leyland requests for a change.
h. Kane is an opera premiere of Susan and marriage i. Susan.
j. Since Leyland got dead drunk, k. Leyland whom Kane makes to Leyland's dramatic criticism finishes a reminiscence.
7. Nightclub of El Rancho
(The 4th flashback)
a. Thompson talks with Susan.
b. Susan does the rehearsal of a song.
c. Premiere of Susan's opera
d. It is a promise, when career f. Susan as persuasion e. montage:Susan's opera singer may aim at [ that Kane continues a song to Susan and ] suicide and Kane may return to private life to Susan.
g. Xanadu: -- bored Susan h. montage: -- i. Xanadu: which Susan plays with a jigsaw puzzle -- j. picnic: which Kane invites to a picnic -- l. Susan in whom k. Xanadu:Susan to whom Kane makes Susan a slap leaves Kane's basis -- recollections -- finish the talk
8. Xanadu
(The 5th flashback) b. Kane whom a. Thompson tells Raymond breaks Susan's room, c. Raymond who murmurs "a rose bud" while picking up a paperweight -- recollections -- : which :Thompson who finishes the talk says as other journalists -- the appearance:conclusion of the appearance of :gate where last d. Kane's personal effects are investigated for everybody, and the secret of a rose bud is revealed, and a castle
E. The last credit

?? classic Hollywood film 86
There is an idea mainly "action arises from each characters as causal 作用因" in the premise of the tale of a classic Hollywood film.
Although there is also a case where nature and a social problem are acting, most develops focusing on "an individual mental cause ?? decision, selection, and the person feature."
A "desire" is most respected also in it.
?? individual = movie in which a hero is not On Soviet movies of the 1920s, such as "87 "battleship Potemkin" month, October", and a "strike", one person does not have an individual who functions as a hero, either.
Moreover, the trial which removes a hero in a rivet "crazy love " and Altman "Nashville" is performed, and many of occurrences are caused by not characters but bigger power on Yasujiro Ozu's movie.
(If it is Eizenshtein and is a social driving force and Ozu Nature)
------------------------
Two "movie form" conclusions 100
------------------------
??
When you see a tale movie in order to understand a pro forma structure, the following questions help to understand a pro forma structure.
1. Story and Plot
The occurrence on which story is on a plot. The occurrence is shown directly?
Moreover, which occurrence does the spectator have to assume [ an occurrence ] or guess?
a plot -- a non-tale -- are some global or not?

2. What is the occurrence on the first story that the causal relationship spectator of the scene of the beginning and after that knows?
Does it push it in a causal chain and how is related to Ushiro's occurrence?
3. Time ? Do you stand in a line and what has happened to the relation of scenes, and the time relation of the occurrence on arbitrariness nature and an edit story?
A time order, frequency, and time progress are on a plot, how were operated, and how influenced an understanding of the spectator about an occurrence?
4. Style of Punch Line/サゲ
Has ending connected it with opening reflecting the deployment pattern carried out clearly?
They completed all advance of a tale or have that as is unsolved however?
5. Narration
How has narration shown the spectator story information?
Is it restricted to the knowledge of the characters of one person or several persons, or spread freely among the characters of various space?
Did narration explore the state of mind of characters and given story information a certain amount of depth by it?
6. Difference with Classic
Is the movie in the custom of classic Hollywood however faithfully therefore?
Supposing it has deviated from the custom, what kind of pro forma principle is used instead?
7. Genre
Human one, horror, suspense, SF .... The type of a work is discerned.
Tag: Strike Chain Parallelism Motif Nature October Crazy love Rivet Soviet Yasujiro Ozu Nashville Altman Personal effects Montage Quality クリスティン bow dwelling David Film art System Cause Form Manager New York Thompson Plot Story Ending Opening Parallel Motive Critic Range advance Approach Tool Category Analysis Whole Sequence Process Spectator Repetition Difference Two sides of the same coin Variation Causal relationship Segmentation Citizen Kane Xanadu Rose bud El rancho Projection booth Flashback Library Thatcher Nightclub Breakfast home for the aged Inquirer Resemblance Organization Random Screen Minerals Premiere Opera Climax Speech Rehearsal Dramatic criticism Jigsaw puzzle Picnic Classic Hollywood film 作用因 Causal Hollywood Potemkin Action

posted by bibo at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。